本文へ移動

作業の流れ

作業の流れ

製品確認から輸送までの流れ
製品確認及び
輸送打ち合わせ
ご依頼がありましたら、当社担当がお客様の元に出向き、梱包をする製品を現品及び図面等により確認し、輸送方法や梱包仕様を打ち合わせします。
設計・見積
製品を確認後、輸送方法等に応じ採寸を行います。 製品の形状・重量は勿論、製品が一番苦手とする衝撃等を確実にカバーする木箱・ダンボール等を設計し、見積いたします。
製作
コストを極力抑えるため、木材の再利用や充填する衝撃吸収材等をリサイクル品で賄う事も可能です。コスト削減は勿論の事、環境美化のお手伝いもできます。
梱包納品
木箱・ダンボールや衝撃吸収材等のご用意ができましたら、現地にて当社作業員が製品の梱包を行います。また、お客様ご自身で梱包される場合でも、直接納品にお伺いいたします。
輸送
当社は梱包後の輸送も一貫してお引き受けいたします。納品と共に当社車両がお客様宛に出向き、梱包終了後にお客様指定先に輸送することもできます。 また、納品後の梱包解体及び梱包廃材を引き取り処理もいたします。
精密機器梱包用衝撃吸収剤製造機
TOPへ戻る